一棟丸々不動産投資をするコツ|収入アップを図ろう

メンズ

収益性が高い経営方法

貯金箱

経験やノウハウが必要

不動産投資は幅広い年代で人気なっている投資方法の一つです。不動産投資には種類もたくさん存在します。マンション一室を購入して賃貸経営する方法や新築でマンション一棟を建設する方法もあります。マンションを一棟建設する場合、一室と比較してリスクも高くなります。すべての部屋を満室にすることは難しく、80パーセント程度の埋まり具合で上出来ともいわれています。そのため、家賃収入を計算するためには、8割程度の内容で計算することが大事になります。管理も複雑になります。居住者がたくさんいるとその管理が大変です。マンション一棟の場合、共有部分も含めて管理対象になるため、管理費用などの積み立てを行い、修繕のプランなどを計画することも求められます。そのため、経験やノウハウがないと一棟を経営することは難しいのです。しかし相続税の対策などマンション一棟を計画している人は数多くいます。自分で管理や経営を行うことは難しいため、マンション管理会社に委託したりサブリースを利用するなどの方法も検討すべきなのです。もちろん不動産投資の経験者であれば、自分で管理することも可能です。しかしサラリーマンなどのように副業で経営することは難しく、専業として不動産経営することが必要になります。資金力がないといずれの場合も実現させることはできませんが、不動産投資の中で最も収益性が高く、不動産価値を最も高く残すことができる点が最大のメリットになっています。